医学部専門の予備校にかかる費用や授業形態についての豆知識

志望する大学の種類や学費を考えて予備校を選ぶことが大切

医学部予備校 / 医学部合格のための予備校比較サイト【東京編】

全寮制の学校を利用する場合には、授業料や講習料以外に寮費・生活費として年間あたり150〜200万円の費用がかかります。
全寮制の学校を利用する場合には集団指導法式でも年間あたり400〜500万円もの費用がかかりますが、受験勉強に集中ができることからトータルのコストパフォーマンスは高いといえます。
自宅から通学する場合でも、浪人中の食費や生活費が必要だからです。
一般的に大学に進学するための受験対策は、高校に入学してからスタートします。
最近は、中学校入学時点で医学部進学を目指して受験勉強をする中高一貫コースを設置する塾があります。
中学生の頃から受験勉強をスタートすることで、無理なく難易度の高い大学に合格するための学力を身につけることができます。
中高一貫で完全個別指導の授業を受ける場合の月謝は10万円〜20万円で、入学から卒業するまでの6年間で600〜1千万円の学費がかかります。
浪人中の1年間で1千万円の学費をかけて短期間で受験対策をするよりも、6年間にわたり学習を進める方が負担が軽くなるというメリットがあります。
全日制の高校に進学せずに「高等学校卒業程度認定試験」で高卒資格を取得しながら受験対策をする人もいます。
「高等学校卒業程度認定試験」の出題形式や回答方法は国公立大学の受験で必要な大学入試センター試験とよく似ているので、卒業資格の取得と同時に受験対策ができるという利点があるからです。
受験科目の勉強に集中したい場合には、高卒認定試験を上手に活用すると良いでしょう。
医学部は他の学部よりも高い学力が求められる上に私立大学に進学すると学費が大きく異なるため、浪人中に多額の費用をかけてでも難易度が高い学校に入学することには大きなメリットがあります。
医師免許を取得することを予定している受験生であれば、志望する大学の種類や学費を考えて予備校を選ぶことが大切です。
大学に入学して卒業するまでに必要な入学金・授業料と受験対策のための費用をトータルで考えるようにしましょう。

医・歯学部に特化した専門の予備校を利用する必要があります | 学費が高額でも完全個別指導型には大きなメリットがある | 志望する大学の種類や学費を考えて予備校を選ぶことが大切