医学部専門の予備校にかかる費用や授業形態についての豆知識

学費が高額でも完全個別指導型には大きなメリットがある

最近は、少人数や個別指導で授業が行われる医学部予備校が増えています。
少人数・個別指導の授業の方が学生に合った方法できめ細かな指導ができ、合格率が高くなるからです。
完全個別指導型で授業を受ける場合には、1年あたりの費用が800万円とか1千万円を超えるケースも珍しくありません。
それでも実家の病院を継がなければならないとか、是が非でも授業料が安い国公立大学に進学したいなどの事情がある場合であれば、学費が高額でも完全個別指導型で授業を受けることには大きなメリットがあります。
私立大学の医学部の学費は、学部を卒業するまでに安くても2千万円かそれ以上で、中には5千万円近い学費が必要な私立大学もあります。
これに対して国公立大学に進学すれば、6年間で350万円程度で済みます。
学校の選び方次第で何千万円も学費に違いが出てしまうので、費用をかけてでも高い学力を身につけることは経済的に大きなメリットがあります。
浪人中に1千万円の学費を支払って完全個別指導型の授業を受けることで授業料の安い大学に入学ができれば、トータルで支払う費用が節約できるからです。
全寮制で食事付きで受験勉強に集中ができる医学部予備校も存在します。

医・歯学部に特化した専門の予備校を利用する必要があります | 学費が高額でも完全個別指導型には大きなメリットがある | 志望する大学の種類や学費を考えて予備校を選ぶことが大切